2016年03月12日

【株式会社アドウェイズ】/アフィからスマホ・アドテク系のやんちゃ代理店に進化!

株式会社アドウェイズについて、おくりバント的に書きます。

アドウェイズは、社員が独特で、仕事の仕方もちょっとアレですが、会社としては結構ごいすーです。

数字も伸びてますし、事業もおもろいことしてます。なんか、社訓なんか知らんが、「こんなのすげー、ほにゃらら」みたいなことを謳っています。オフィスのエントランスには「」って書いてあるちょうちんみたいなんが飾ってあります。あと、子会社の「おくりバント」とかいう会社が非常にキモいキモおもろいです。



数字については、
お手元にあるIR資料(2015年3月期決算)を見て頂きたいのですが、

売上高 35,890百万円(前期比13.9%)
粗利益 6,891百万円(前期比13.9% 利率19.2%)
営業利益 1,057百万円(前期比24.7% 利率2.9%)
経常利益 1,197百万円(前期比42.7% 利率3.3%)

となっています。
まぁ、伸びてますよね。唯一、フィーチャーフォン分野は、市場縮小に伴い減少しています。まぁこの減少分がスマホに移行しているって感じやろうけど。
採算としては、売上増に加えて、事業の選択と集中で赤字事業を減らす等による収益構造転換の効果によって、粗利率UP。新卒社員の増加や海外事業拡大に伴う人件費増加や、海外・スマホ広告への事業投資に加えて本社移転を実施して販管費が増加したものの、粗利増で吸収しているとのこと。
海外事業は、前期▲1.4億円の赤字やったが、今期は0.3億円の黒字転換をしているみたい。


内訳的に見ると、

▼国内広告事業
28,308百万円(前期比5.1% 構成比78.9%)

・スマートフォン
15,163M(前期比23.9% 事業内構成比53.6%)
・インターネット
12,365M(前期比0.5% 事業内構成比43.7%)
・フィーチャーフォン
779M(前期比▲67.4%事業内構成比2.8%)

▼海外広告事業
5,573百万円(前期比92.5%構成比15.5%)

▼その他(アプリ・メディア)事業
2,009百万円(構成比5.6%)


海外事業が、第二の柱として成長しているぽい。前述の通り、黒字転換も果たしている。
越境ECはなかなかキテるらしいし、確かにアドウェイズは中国とかで強いという話を結構聞く。

いや、でも、俺の知ってる中ではアドウェイズが強いのは、やっぱりスマホそして、その中でもアプリ。アプリクライアントに対して、非常にプレゼンスが高い。

それは、あの計測ツール「party」があるから。奴らは、この計測ツールを武器にアプリクライアントを顧客化しまくり、ASPから広告代理店に立ち位置を変えていった。

まぁ、なんか勢いとかネタっぽい感じでやってはるが、代表の岡村社長もよう分からん感じでやってはるが、事業を見る目は確実に一線を画しているはずや。これから、どういう路線でいくのか未知数やが、オプトやセプは食い殺しにイケるんじゃないか?と思っています。


社員数が1,000人を超え、ドライブ感はなかなか出ている感じやと思います。

今後の取り組みとしては、なんか今までもそれなんやと思うけど、

スマートフォン
アドテク
グローバル


ならしいです。


そんなことよりも、

「おくりバント」の今後の展開が気になります!!!


以上!



▼岡村社長
82B1B60D-4A11-403D-9BA2-9F04F7E0D76D.jpg

多分、美人広報の方
アドウェイズ.jpg


posted by wabisabi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。