2016年01月07日

【事業拡大】/スタートアップからの孵化/企業の成長について(うんこ的に?)

事業拡大について書きます。


起業して、スタートアップ企業から、売上1億円→5億円→10億円→20億円…

売上20億円、経常利益3億円、

従業員も100名くらい、ガバナンスも整えて、

キャッシュフローの安定化、管理体制の基盤を確立し、

上向きレベルでは、→売上50億円→売上100億円も目指せる。

IPOも、イケるっちゃイケる。


くらいの企業に成長するためには、


事業拡大は、当たり前田のクラッカーで必須です。


以上



で、筆を置きたい次第ですが、


2ミリだけ、まじ2ミリだけ書きます。

当たり前田のクラッカーなことを。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


起業のときに、スタートで何のビジネスをやるのか、誰からどういうお金の取り方をするのか、マーケットの状況はどうなのか、とかは色々あるんすけど、

超シンプルに、事業拡大する場合は、

@主軸事業の強化

A新規事業の開発

になります。


@主軸事業の強化について、
まじ詰まるところ、

販売個数 × 単価 = 売上

なんで、販売個数を増やすために、顧客数を増やす、商品ラインナップを拡充する、代理店販売・紹介経由など販路を拡大するなどをすれば、ALL OK。

単価を上げるために(ここで言う単価は、商品単価というより、客単価とか取引当り売上高って感じの意味合い)、既存顧客の深耕、ロイヤリティ商品の開発、セット販売・アップセルなど営業の工夫をすれば、ALL OK。


A新規事業の開発について
こちらにつきましては、別エントリーにて記載いたしましたので、そちらをご参照ください。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


とりあえず、言えることは、

今の時代、


経営にステイはない


ということ。


泳ぎ続けなければならない。



まぁ、経営以外も、


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 


やけどな。


以上
 

事業拡大.jpg
posted by Takaaagi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック